株式会社デンソーエアクール 企業情報

企業情報

基本理念

自然と人を大切にし、
「五つの喜び」の追求を通じて、
人々の幸福に貢献する

経営の方針

  • (1)魅力ある価値を創造し、お客様に喜びを提供する
  • (2)全員参加で変化を先取りし、グループ企業として発展する
  • (3)社会の共感を呼ぶ企業行動で、地域と共生していく
  • (4)「かけがえのない人」を育て、「かけがえのない企業」となる

社員の行動

私たちは「五つの喜び」を追求する

  • (1)社会に貢献するよろこび
  • (2)お客様に信頼されるよろこび
  • (3)研究と創造に挑戦するよろこび
  • (4)自己を磨き成長するよろこび
  • (5)共に働き互いに協力するよろこび

企業姿勢

共に歩む気概

デンソーエアクールは、今までも独自の技術を駆使して、エポックメイキングな空調機器を数多く提供してきました。
エアコンディショニングは、単に温度だけでなくその場の雰囲気までをも快適にします。
そして、それは現在のわたしたちの生活にとってアクセサリーからネセサリーになったといえます。快適な環境を、わたしたちはいつも望んでおり、 デンソーエアクールは、それを提供していきたいのです。
デンソーエアクールの基幹事業である車両用エアコンにおいても、その考えは同じです。
そして、世界有数の自動車部品メーカー・デンソーの一翼を担っていくことは、大きな誇りであり、デンソーグループのもとで、快適なカーライフを作り出すのは、デンソーエアクールの喜びのひとつです。
デンソーエアクールは、これからの連結経営の時代に、その役割を拡げていこうと思います。
エアコン(部品を含め)を生産するだけの役割から、自らも新たな製品を開発・提供し、グループにおける事業の一端を担う役割へ。そしてグループとして大きく成長すること。
そのために、たくさんの「かけがえのない人」がいて、開発から生産までをまかせることのできる「かけがえのない企業」に、生まれ変わろうとしています。
デンソーエアクールは、地域と、仲間と、地球環境と、共に歩む気概を忘れない企業です。

地域と共に生きる企業

グローバル品質への適応 デンソーエアクールは信州という自然豊かな環境の中で、地域に密着した企業として発展してきました。今後もこの安曇野を基盤として歩んでいきます。地域のリーダー的企業として、自然と人を大切にしながら、地域の発展に貢献していきたいと考えています。 開放されている穂高工場には、池や小川が設けられ、魚も泳いでいます。

品質保証

品質のこだわり

私たちは「お客様の喜ぶ姿を見たい」という想いで快適な環境をつくり出す製品を提供しています。全社員が常に品質について考え、自分がお客様の立場に立ち一人のユーザーとなって「これで満足できるか?」を自問自答しています。このことをこだわりとして、品質方針を以下のように定め、全社一丸となって取り組みます。

品質方針

株式会社デンソーエアクール 品質方針

  • 社会より信頼され、共感される企業を目指し、人々の幸福に貢献するため、法令・規制を遵守するとともに、当社が定めたルールに従い行動する。
  • お客様に信頼され満足していただける製品・サービスを提供するため、お客様視点で品質を追求し、開発・設計段階、工程での品質の作り込みを行う。
  • 企業の成長を支えるため、品質マネジメントシステムを維持するとともに、その有効性をレビューし、継続的な改善を推進する。
  • 会社方針のもと品質目標を定め、全従業員が目標達成のため、当事者意識を持って、自分は何ができるか考え、主体的に行動する。

株式会社デンソーエアクール
代表取締役社長 西山 宏
 
※2021年1月6日改訂

グローバル品質への適応

デンソーエアクールは、国際的な品質マネジメントシステム基準に適合させ、自動車関連製品については自動車業界の品質システム規格であるIATF16949、その他の製品についてはISO9001を取得しています。
全従業員が品質マネジメントシステムを理解し、企業体質を強化するため常にPDCAを回しシステムの有効性を確認し継続的に改善することで、お客様満足の向上を図っています。

品質のこだわり 品質のこだわり

研究開発

信頼の技術をネットワーキング

デンソーエアクールは、デンソーグループの技術を最大限に活用するため、デンソー本社ともネットワークを結び 研究開発に当たっています。加えて、エアクール独自の技術も磨き「不可能を可能にする」挑戦を続けます。その技術を生かしてお客様のニーズに応えていきます。
研究結果 研究結果