株式会社デンソーエアクール CSR

CSR

健康宣言

当社は、従業員が健康であることは、本人と家族の幸福であり、また、会社が健全に成長していくための源だと考えております。そのため、従業員の健康を経営の最重要課題の一つととらえ、心身の健康維持・増進活動と、健康な働き方を推進していきます。

デンソーエアクール健康宣言

デンソーエアクールの基本理念である、“「かけがえのない人」を育て「かけがえのない企業」になる”には、従業員一人ひとりが、健康でイキイキと個々の能力や個性を発揮することで会社が元気になり、かけがえのない存在になっていくという想いが込められています。
安全と健康を最優先し、従業員が心身ともに健康で安心して働くことができる企業づくりに努めることを宣言し、この想いを未来につないでいきます。 2017年9月1日
株式会社デンソーエアクール
代表取締役社長 西山 宏

■重点施策

1.健康増進活動

人間ドック受診料補助を行うことで受診を促進し、病気の早期発見、脳・心疾患の予防をはかってきました。また、メタボリック症候群対策として、特定保健指導による食事・運動習慣改善支援や、ボランティア活動を兼ねた健康ウォーキングの実施等に取り組んできました。
これらに加え、健康障害リスクの低減と受動喫煙防止を促進するため、喫煙率低下を目指した禁煙サポートに取り組んでいきます。

2.メンタルヘルスケア

相談窓口の開設、一定時間以上の長時間労働者に対する健康管理面談の実施、段階的勤務時間制度等を盛り込んだ職場復帰支援プログラムによる、スムーズな復帰と再発防止、労働安全衛生法改正以前からのストレスチェックの実施等に取り組んできました。
レベルアップ項目として、ストレスマネジメントのためのセルフケア、ラインケアによる予防活動、ストレスチェック結果分析による高ストレス者のフォロー、職場環境の継続的改善に取り組みます。

3.働き方改革を通じた取り組み

労使で構成する「働き方委員会」を設置し、有給休暇の取得促進をはかることで、取得日数の底上げを行ってきました。
今後は、多様な働き方、時間外労働の低減、更なる有給休暇取得促進等による、心身のリフレッシュ、ワークライフバランスの実現により、健康管理と健康な働き方の両面で、従業員のQOL(Quality Of Life)の向上に取り組んでいきます。