ニュース&トピックス

2020日本パッケージングコンテスト「テクニカル包装賞」を受賞しました

当社の製品包装技術が、日本包装技術協会主催「2020日本パッケージングコンテスト」において「テクニカル包装賞」を受賞いたしました。2017・2018・2019年に引き続き4年連続の入賞となります。
作品名は、「340kgでも簡単荷役・組付を実現!人にやさしい包装設計の追求!」です。
当社が、国内にて生産し海外で販売する大型スポットクーラは、340kgの重量があり、外観に光沢のある樹脂部品を使用しているため、海上輸送では振動による擦れリスクや、荷役取り扱い時間、品質保護に注意を払うなど、他製品と比べ課題が多く、生産者・荷役者にとって負担が大きくかかっていました。 そこで、組付性・開梱性の4つの機能を反映し、従来は2名以上で行っていた生産・開梱作業を生産者/受け取ったお客様ともに1人で安心してできる包装材を実現させました。これからもお客様に満足いただける商品をお届けするため、一層の努力を重ねてまいります。

梱包分解図:
梱包の側面を上からかぶせず、4面に分割し引っ掛けあう嵌合(かんごう)構造を採用

梱包底部分:
荷重受け部分を分解すると荷下ろし時のスロープとなる機能。