ニュース&トピックス

太陽光発電システムの導入

デンソーエアクールは、再生可能エネルギー設備である太陽光発電システムを穂高本社工場に導入し、このほど稼働を開始しました。

デンソーグループは「デンソーエコビジョン2025」として、「エネルギー1/2」、「クリーン2倍」、「グリーン2倍」を定め活動しています。当社ではこの目標に基づき2025年に電力のCO2ニュートラルを達成させます。「エネルギー1/2」の活動として、工場でのエネルギー消費量を当社独自の工夫や技術革新によって低減し、最終的に電気やガスを再生可能エネルギーに置き換えていくことによってカーボンニュートラルを達成します。

今回はその活動の一つとして穂高本社工場屋上に太陽光発電システムを設置しました。これにより、年間約818MWhを発電し、年間約370トンのCO2削減に繋げます。

持続可能な地域・社会の実現に向け、これからも活動を続けてまいります。