株式会社デンソーエアクール 採用情報

採用情報

先輩紹介(各職場の先輩から)

森屋 香葉

ものづくりにかかるコストを適切に管理

私は経営企画部でバス・農建機用エアコン、冷凍機の原価管理の仕事をしています。
「原価管理」とは、ものづくりにかかるコストを適切に管理する仕事です。製品ができるまでには、仕入先から購入する材料や部品の費用、それらを組み立てるための費用、つくったものを梱包する費用…と、様々なコストがかかっています。
また、製品の設計図が変更されたり、もののつくり方が変わると、コストもそれに伴って変化します。それらを把握し、費用をひとつひとつ積み上げていくことで、製品の原価を完成させることができます。
原価を正しく把握することは、会社の採算判断のベースをつくる役割を持っています。

知識が増えると身の回りの風景の解像度があがる

知識が増えると身の回りの風景の解像度があがる

仕事の中でやりがいを感じるのは、日々新しい発見があることです。
入社以前は、エアコンがどんな仕組みで空気を冷やしているか、どんな部品が使われていてどのようにつくられているか考えたこともありませんでした。「知識が増えると身の回りの風景の解像度があがる」とよく言いますが、本当にその通りだなと思います。
今までは目に留まらなかった街中を走る1台のバスにも、私たちの会社でつくられたエアコンが載っていると思うと、つい注目してしまい、そのエアコンが作られている現場の様子を想像している自分がいます。
会社には、知りたい!と思ったことに熱心に応えてくれる人がたくさんいます。今後も先輩や上司に教えてもらいながらレベルアップし、様々な仕事を任せてもらえるようになりたいです。

安曇野という場所に人一倍愛着

私は東京出身ですが、学生の頃から長野県に憧れがあり、将来は長野県で暮らしたいとずっと考えていました。
大学を卒業し就職をするときが生活の場を変える絶好のチャンスだと思い、長野県で就職活動を始めました。複数の会社を考えたなかで、いちばんエネルギーがある会社、そして働きやすさを大切にしている会社だと感じ、デンソーエアクールに入社を決めました。
長野県外出身ではありますが、安曇野という場所に人一倍愛着を持っている自信があります。大好きな地域に貢献できるよう、先輩方のエネルギーを受け継ぎ、仕事に取り組んでいきたいです。

思い切って環境の変化を楽しむ気持ちを

就職は新しいことにチャレンジする絶好のチャンスだと思います。私も新しい場所で新生活を始め、大学で学んできた分野とは違う仕事に取り組んでいます。
大変なことはもちろん多いですが、新しいことを始める楽しさもとびきり大きいです。
就職活動というと悩みや焦りを感じてしまうことも多いですが、思い切って環境の変化を楽しむ気持ちも大切なことかと思います。みなさんの就職活動がわくわくしたものになるよう願っています。

スキー同好会でアルペン・クロスカントリーを練習中

PRIVATEスキー同好会でアルペン・クロスカントリーを練習中

週末は山登りやスキー、ゴルフなどをして過ごしています。大好きなアウトドアの趣味を存分に楽しみたいという気持ちは、自然豊かな長野県に憧れた大きな理由のひとつでもありました。
夏は北アルプスに登り、冬は白馬でスキーをして…と、安曇野はアウトドア派にはうってつけの環境だと感じます。会社の中には、アクティブな先輩方が多く、一緒に外へ遊びに行くことが週末の大きな楽しみです。また、会社のスキー同好会にも所属しており、毎年トヨタ系列企業のスキーヤーが集まる「オールトヨタスキー大会」に向け、アルペン・クロスカントリーの練習をしています。
これからも長野県という最高の環境を活かし、充実した毎日を過ごしていきたいです。